喫茶店のような美味しい珈琲を点てるコツ

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:949
  • ありがとう数:0

はじめに

UCCコーヒーアドバイザー、コーヒー抽出士、コーヒー鑑定士の有資格から直伝!美味しい珈琲の点て方をご紹介。

STEP1<b/>【下準備】</b>

お湯をしっかり沸騰させます。ポットはお湯を入れ軽く温めておきます。ポット、ドリッパー、珈琲ペーパーをセットし、スケールの上に置き風袋を0にします。

STEP2<b/>【セットしましょう】</b>

珈琲は『中細挽き』のものを使い、1人分12g測ります。軽くドリッパーを叩き、珈琲を平らにならします。
もう一度スケールの風袋を0にします。(このままスケールにのせた状態で、お湯をいれ点てていきます。)

STEP3<b/>【珈琲の入れ方】</b>

珈琲の中央に直角にお湯20gをいれます。20秒蒸らします。さらに中央にお湯を80g投湯します。お湯は絶対に回しかけず、真ん中にいれます。500円玉代の穴を目安に。
ドリッパー内のお湯が1/3くらい減ったら、さらに40g投湯します。また、湯量が1/3減ったら20g投湯します。最後の20gは回しかけてもOKです。

まとめ

・珈琲粉は平らにならし、お湯は90度(直角)になるように注ぎます。珈琲粉が荒れると均一な抽出が出来ません。

・お湯を注ぐのは珈琲用の口が細いポットがベスト。ヤカンから注ぐと珈琲豆が荒れ、雑味が出ます。

・お湯が珈琲豆の真ん中をめざし注ぎます。まわしかけると薄くなり、エグミが出てしまいます。

・正確な珈琲豆とお湯の量が大切! 慣れるまでスケールで測りながら入れるのがコツです。

・この割合で3人分(3倍量)まで増量できますが、2人分(2倍量)で点てるのが最も美味しく仕上がります。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

必要なもの

ペーパードリップ器具 ・ポット ・ドリッパー ・ペーパー お好みの珈琲豆(中細挽き) スケール

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ