腎不全の兆候と症状

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:6005
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by jack_roen
腎不全は腎臓が病気により障害されたり、体が腎臓へ十分な血液を運ぶことができず、腎臓が正常に機能できなくなった場合に発症します。腎不全には急性、慢性、末期の3ステージがあり、各ステージ特有の兆候や症状が表れます。

STEP1初期症状

腎不全の全てのステージで見られる同一の症状は尿量の極端な減少です。これは腎臓が正常に機能していないことを表しており、水分や老廃物が体内に蓄積して行き、次の症状が表れます。

STEP2急性腎不全の症状

急性腎不全の主な症状には、尿量の極端な減少、頭痛、悪心、嘔吐、疲労感や腰背部痛があります。最も治療可能なタイプの腎不全であると考えられてはいますが、たいていは突然発症するので、48時間以内に治療しなければ命に関わるおそれがあります。

STEP3慢性腎不全

慢性腎不全の前兆には頻尿なのに尿量が少ないこと、食欲不振、脱力感、足の筋肉の痙攣、しゃっくりが止まらない、皮膚が痒くて掻くとすぐに痣になる、などがあります。

STEP4腎不全末期

末期の腎不全の症状には、非常に少ない尿量、顔や四肢のむくみ、腹部膨満、重度の傾眠傾向やアンモニアのような臭いのする息などがあります。典型的な治療法は人工透析か腎移植です。

STEP5前兆に気を付ける

腎不全の二次的症状の多くは些細な不調に関連していますが、気を付けるべき重要な徴候は尿量の急激な減少です。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ