成績表を見直そう 絶対評価、相対評価、偏差値について説明します

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1249
  • ありがとう数:0

はじめに

新学期が始まています。去年は
成績が悪かったから、今年は頑張らなよう、と
思う保護者は多いですね。
でも、成績表の見方、きちんと理解していますか?

STEP1成績表のつけ方は2通りあります。

1)相対評価とは?

  クラス内など、ある集団の中で自分がどれくらいの
  位置にあるかを示したものです。

  例えば、同じ75点をとっていたとしても、1組では8位、
  しかし2組だと12位というように、評価は変わってしまいます。

STEP22)絶対評価とは?

  特定の基準に基づいて、成績を評価する方法です。
  例えば、90点以上をとった生徒を5段階評価の5にする、
  という方法です。
  
  つまり、クラス全員が90点以上をとっていた場合、クラス
  全員の評価は5になってしまいます。

  

STEP33)偏差値とは?

  相対評価の中に含まれます。
  平均値を50として、それより高いか、低いかで
  自分がどれくらいの位置にあるか示したものです。

  大体75~25の中に分布していて、数字か高ければ
  高いほど、成績がよいと評価されています。

まとめ

小学校低学年のうちは「○」「×」ですが、中学年以降では
5段階評価になってきます。
自分の成績表がどちらの評価でつけられているのか確認し、
今後の勉強活動の参考にしましょう。

必要なもの

成績表

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ