腎不全の診断法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:559
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by jack_roen
腎不全、つまり腎機能障害には急性のものと慢性のものがあります。急性腎不全は腎臓が老廃物を取り除いたり、尿を濃縮することが突然出来なくなることです。慢性腎不全では腎臓の機能が徐々に失われていきます。腎不全の診断には様々な検査が行われます。

STEP1超音波検査

超音波検査は腎不全の診断によく使われます。音波とコンピューターを使って腎臓の画像を生成します。この画像で疾患の原因となる閉塞物などがあればわかります。

STEP2画像診断

腎不全の診断にはCTスキャンとMRIも使われます。これらの検査で腎臓と他の臓器のより詳細な画像が得られます。

STEP3腎生検

もっとよく検査するために腎臓組織の小片を採取し、顕微鏡で見て検査することがあります。

STEP4X線

慢性腎不全の診断には胸部X線が有用です。X線写真で肺水腫、つまり肺に水が溜まっているかどうかがわかります。

STEP5血液および尿の検査

診断には血液検査と尿検査が行われ、血中のカリウムや老廃物(尿素やクレアチニン)が増加していないか調べます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ