炊飯器を使ってうな丼をおいしく食べる方法

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

市販されているうなぎの蒲焼で作るうな丼。
うなぎのかば焼きは、オーブンレンジで簡単に温めたり、フライパンで温めたりすることが多いかと思います。
それらの方法でも十分においしいですが、炊飯器を使って、更においしく食べる方法を紹介します。

STEP1<b>炊飯器を使ってうな丼をおいしく食べる方法</b>

①あらかじめ、うなぎの蒲焼を器に盛る際の大きさに切っておく。
②普段通りに炊飯器でご飯が炊けたら、蒸らす前に、①のうなぎを炊飯器の中のご飯の上に置く。
③ご飯を蒸らし終えたら、炊飯器を開け、うなぎを取り出す。
④ご飯を器に盛り、③で取り出したうなぎを載せ、お好みで添付のタレを掛ける。

※②を行うことで、ご飯を蒸らす際の水蒸気と保温で中までほかほか、ふわふわの蒲焼に変身します。かなりふわふわしている為、温めた後に切り分けると形崩れを起こしやすくなるので、①で食べる時のサイズに切っておくことをお勧めします。

STEP2

ちょっとアレンジ。うなぎのせいろ蒸し風にする方法

お米を洗い水を入れる前に、うなぎのかば焼きに添付されているタレを入れ、そこからいつも通りのメモリまで水を入れて、ご飯を炊きます。うなぎの蒲焼については、step1と同様の手順を踏めば、ふわふわのうなぎが載ったせいろ蒸し風に作ることができます。

STEP3<b/>エコにも貢献</b>

とても簡単で、うなぎの蒲焼をレンジやガスを使って温める必要がないので、お皿も汚れないし、電気・ガスも使わないということで、ちょっとしたエコにもなります。

ふわふわのうなぎの蒲焼、是非試してみてください。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ