USエコバッグのさらなる利用方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:425
  • ありがとう数:0

はじめに

様々なショップでエコバッグが販売されていますが、よりグリーンな利用方法ができます。

STEP1【エコバッグ】

アメリカでは年末のホリデーシーズンには、様々なギフトラップ、袋などが出回るため、2500万トンのごみが出ています。そして年間でアメリカ国内のみだけで、1000億ものプラスティックバッグが捨てられています。多くのスーパーなどでは、エコバッグ持参するとひとつに付き、5セントキャッシュバックされます。(4つ持参の場合は、20セントに)地元スーパーなどでは、布製、ビニール製などで1ドル以内で購入できるものが多くあります。ホールフーズ(Whole Foods)のエコバッグは、日本へのおみやげに軽い点と、使える点で人気があります。IKEAバッグも大きいので評判です。

STEP2【ショッピング以外の利用法】

ペーパーバッグやラッピングペーパーはギフトに使うと、ギフトをいただく方は開ける楽しみがありますが、使い方によっては一回でだめになってしまうこともあります。かわいいギフトラッピングもよいですが、エコバッグ自体をギフトバッグにしてはどうでしょうか。

ちょっとした手作りデザートや、パン、人気お取り寄せ物などを入れてもよし、バスグッズやキッチングッズを入れても、エコバッグなら紙バックよりも強いので使いやすい+長く持つという点でよいのでは。

STEP3【価格的には】

例として、ホールフーズでは79セントでミニエコバッグが購入できますし、スーパーでも99セントくらいまででいろいろなものがあります。ペーパーギフトバッグ一枚よりも、うまく利用できる点ではよりグリーンなのではないでしょうか。

まとめ

ペーパーギフトバッグ、デザインに凝ろうとすると、5ドルほどはかかってしまうんですね。
その分、エコバッグで1ドル以内で抑えることで、ギフトそのものに予算をかけられるのもよい点です。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ