東武東上線TJライナーに乗る方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:6982
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by cosmos7mk
一度乗ったらやめられない、TJライナーの乗り方をお教えいたします。

STEP1【TJライナーとは】

・東京:池袋から埼玉:小川町までを走る東武東上線のホームライナー。
・TJライナーの由来は、東上(TOJYO)線から取ったもの。2008年登場時に投票で選ばれたとはいうものの、もうひとひねりが欲しかったところ。
・夕方18時以降の下り電車のみの運行。
・停車駅は池袋00分→ふじみ野21分→川越27分→川越市29分→坂戸37分→東松山45分→森林公園48分→つきのわ→武蔵嵐山→小川町

STEP2【発車時刻】

平日は池袋発
18時、18時30分、
19時、19時30分、
20時、20時30分
21時、
22時、22時50分  の9本
土休日は池袋発
17時、18時、19時、20時 の4本

STEP3【利用のメリット】

①着席整理券300円を購入すると、池袋駅からふじみ野駅までの前5両か、後5両の列車の着席権利が得られる。
ふじみ野駅以降小川町までは、自由席となるが、着席している人はそのまま座っていれば良い点がポイント。
JRのホームライナーは、途中駅からの乗車が出来ないものがあるが、この点は非常に合理的。
②先発する電車より早く到着できる。たとえば
 ・18時00分発のTJライナーは、
  先発の17時51分発急行に川越市駅で追いつく
  先発の17時45分発準急にふじみ野駅で追いつく
 ・18時30分発のTJライナーは
  先発の18時27分発の急行を成増駅で追い越しふじみ野駅に先着
  先発の18時21分発の準急を志木駅で追い越しふじみ野駅に先着
 という優れものの電車。
 
 

STEP4【乗車する方法】

①定員は1両60名、前5両、後5両の10両で一列車600名
②乗車券の他に着席整理券300円が必要。
③池袋駅の発車番線は5番線。
④整理券確認のため入口は
 A・中央口2北口改札内の5番線ホーム連絡階段
 B・南口5番線ホーム入口
⑤着席整理券に表示されているQRコードをその読取機にタッチして乗車する。
⑥着席整理券の自動券売機は、
 A・中央口2切符うりば(改札外)
 B・中央口2・北口改札内の5番線ホーム連絡階段付近(改札内)
 C・南口切符うりば(改札外)
 D・南口改札付近(改札内)
⑦発売期限
 A・改札外の自動券売機は当日初電から発車2分前まで
 B・改札内の券売機は発車30分前から発車1分前まで
 C・携帯電話によるチケットレスサービスによる購入は当日4:50から発車30分前まで
⑧各コンコースには販売状況を知らせる液晶ディスプレイが設置されており、
 A・座席が50席以上残っている場合は「○」、
 B・残り座席がわずかな場合(1 - 49座席)は「△」
 C・座席が完売した場合は「×」
 D・運休の場合は「休」を表示

STEP5【利用のポイント】

・携帯電話を利用したチケットレスサービスで30分前に購入するのも一つの方法だが、池袋駅に到着するまでの列車の遅れ等で時間に間に合わないケースも想定され、10~15分前に池袋駅に到着して自動券売機で購入している人が多いと思われる。
・各列車とも発車前15分前で○、10分前で△、のような感じで概ね15分前に池袋駅に到着すると乗車できる可能性は高い。

まとめ

TJライナーは夕方の下り以外の時は、普通の電車として東武東上線内で運行されており、鉄道マニア的にはあまり面白くない電車かも。

300円はかかるものの、一度乗るとその快適さ(他の準急、急行はめったに座れない)は病みつきになる。
1回300円だが、会社帰りに使うとなると月20日で6千円、年で72千円となり、通勤交通費としては会社から支給されないから、自腹としては結構な負担。
私は、疲れた時、がんばった時の自分へのご褒美としてたまに乗ることにしています。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

必要なもの

300円(suica pasmoでの購入も可)

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ