緊急事態 救急車を呼ぶことになったら 自宅や外出先では?

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:849
  • ありがとう数:0

はじめに

いつどこで、どんな状況で
救急車を呼ぶ必要に遭遇するかもしれません。

自宅に呼ぶ場合と、外出先で呼ぶ場合、
それぞれポイントを紹介します

STEP1自宅、外出先に呼ぶ場合の共通の方法

1)119に連絡

2)「火事ですか、救急ですか?」 ⇒ 救急です

3)住所と名前を告げる

   ・何丁目、何番地かまで明確に伝える。
   
   ・マンション場合、マンション名、階数、部屋番号だけでなく
    何棟目か、エレベーターも利用できるのかどうかも伝える。
   
   ・近くに同じような名前のマンション名があれば、どちらのかも
    しっかり伝えておく。  
   
   ・外出先の場合、地理に詳しくなければ近くの店舗の方に尋ねる。
    町なかの場合、目印などを告げるのも良い。
    道路の名前、交差点などを伝えてもよい。

4)「いつ、どこで、だれが、どうなった」か明確に伝える

   ・気が動転して、うまく説明できないこともあるが、できるだけ
    冷静に伝えること。
    例えば、「おじいさんが」「風呂場で」「倒れている」「意識がない」
    といった具合に、単語でもいいから必要な情報を伝えること。

   ・救急搬送すべき人が複数いる場合、人数を把握して伝える。
      
   
5)その他、伝えておきたいことを話す

    応急処置をした、意識がない、呼吸がない、出血がひどいなど
    伝えておくと、場合によっては、何かしておくこと、見ておく
    べきことなど指示がある場合もある。 
   
    また、かかりつけの病院がある場合、電話連絡時に伝えておくと、
    到着までにその病院に連絡が入れられることもできる。
     
  

 

STEP2夜に救急車を呼ぶ場合、こんなことにも気をつけよう

・足元が暗いので、できるだけ出入り口を明るくしておく。
 とっさのことで気が動転しているが、救急隊の人が入りやすいよう
 玄関周りや、通り道はきちんと確保しておくこと。

・新興住宅地で、似たような雰囲気の家が多い場合、もし人が他にもいるなら、
 誰か家の前に出てもらい、場所が分かるように誘導するとベスト

STEP3外出先での場合

 ステップ1)~5)までは同様。
 
 6)携帯電話の電波に注意する
   
   外出先からだと、携帯電話からかけることが多くなるが、
   場合によってはもう一度センターからかかってくることもある。
    
   きちんと自分の携帯電話の番号を伝えるとともに、携帯電話の
   電波が悪い位置にいないか確かめておくこと。

   音を出せない場所にいる場合でも、かならずマナーモードにして
   連絡を取り逃がさないようにすること。

   

STEP4救急車が到着したらすること

  ・状況報告を行う
   
    救急隊がつくまでのけが人または病人の様子を伝える
    意識があったか、吐いたか、出血の具合は・・・など。

  ・その人の個人情報を伝える(聞くことができれば)
   
    慢性的な病気があるか
    かかりつけの病院はどこか
       
    
  

 

まとめ

とにかく緊急事態なので動揺するけれど、落ち着いて行動しましょう。
できれば、自宅の壁に、救急車の呼び方について貼っておきましょう。
子供のいる場合、いたずらで電話することのないよう、きちんと注意
しておきましょう。

必要なもの

特になし。 ただし冷静になること。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ