日焼け止め・SPFとPAの使い分け方

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:798
  • ありがとう数:0

はじめに

日焼け止めを選ぶときに注目すべきポイントとは?

STEP1<b>【SPFとPA】</b>

SPFは、”Sun Protection Factor”の略で、紫外線B波を防止する指数を表しています。紫外線B派は、短い時間で肌に影響を及ぼし、肌が赤くなるなどの炎症を起こし、肌のしみなどの原因となります。

PAは、”Protection Grade Of UVA”の略で、紫外線A波を防止する指数を表しています。紫外線A波は、緩やかに影響を及ぼすので、曇りの日など意識しないうちに浴びてしまう事も多く、肌のしみやしわなどの原因となります。

STEP2<b>【指数の意味】</b>

SPFは、SPF20、SPF30、SPF50、などの種類がありますが、肌に影響を及ぼす時間を数値の倍数だけ延ばす事が出来る、という意味です。従って、数値が上がるにつれて防御効果も上がります。肌が20分で赤くなる人がSPF20の日焼け止めを塗った場合は、20×20分となり、約400分防御する事が出来るという事になります。

PAは、PA+、PA++、PA+++、の段階があり、+が多いほど、防御効果も上がります。

STEP3<b>【使い分け】</b>

外に出る時間や、肌の状態などによって、日焼け止めを使い分けましょう。数値や+が多いほど、防御効果は高くなりますが、それだけ肌に負担をかけることにもなります。自分の肌に合った日焼け止めを選びましょう。
また、塗り方などによっても、効果に差が出てきます。丁寧に塗り広げ、夏場は汗で落ちやすいので、こまめに塗りなおす事も大切です。
その日の天気など、環境に合わせて、種類を選ぶのも良いでしょう。

まとめ

日焼け止めをきちんと落とす事も大切です。肌トラブルの元にもなりますので、パッケージを良く読み、場合によってクレンジング剤を利用するなどしましょう☆

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ