時計のローマ数字について

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

ローマ数字の文字盤を持つ時計で4に「IIII」を使用しているものが多くあるのですが、 なぜ「IV」ではないのでしょう。

STEP1

時計の文字盤の数字は1,2,3…のアラビア数字も多いのですが、古くから使われているのがローマ数字です。

ローマ数字の1~12を順に並べると、I,II,III,IV,V,VI,VII,VIII,IX,X,XI,XIIとなります。4や9の表記は、次の5や10から1を引くという意味で左側にIを書きます。昔は4をIIII、9をVIIIIと表記していたそうですが、現在の文字盤は9をIXとしていますが、4はIIIIであったりと統一されていません。

STEP2

そのわけは、昔フランスの国王シャルル5(V)世が宮殿の時計塔を作らせた時に、自分を意味するVから1引くことを不快に思って、IIIIにするように命じたためだそうです。
他にもローマ神話の主神ジュピター(IVPITER,Jupiter)のIVを使うことを避けたためや、本数の都合で鋳型(鋳物を製造するための型)を簡略化するためや、単にIVとVIを見間違えないようにするためなどとも言われています。

いずれにしても、今も時計の文字盤に長く伝統として受け継がれているのですね。

※ローマ数字は、分かりやすくするために、アルファベットのI,V,Xを使用しました。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ