猫の体重が減って毛が抜ける理由

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:5625
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by jack_roen
猫には人間同様さまざまな健康上の問題があります。猫が痩せてきて毛が抜け始めたら、その根本的な原因を探ることは大切で、症状の治療につながります。

STEP1甲状腺機能亢進症


甲状腺機能亢進症は、チロキシンとトリヨードチロニンの過剰分泌の状態です。これは通常、猫の甲状腺の良性腫瘍に起因し、13歳以上の猫に起こります。

甲状腺機能亢進症は代謝を促進するので、猫は普段よりたくさん食べるかもしれませんが痩せてきます。また、部分的に脱毛することがあります。投薬と食餌療法で治療が可能です。

STEP2がんと心臓病


がんと心臓病でも、体重減少と脱毛は起こりえます。がんは健康な細胞を異常なものに変える病気で、猫は食欲不振、脱毛、嘔吐、下痢など多くの徴候を示します。いったん診断されれば処置と投薬を行うことができます。

心臓病によって体重減少、咳と息切れが起こることがあります。X線などの検査で診断でき、投薬と他の治療が可能です。

STEP3低品質の食物とアレルギー


ビタミンCのような重要な栄養分が不足した場合、猫の体重減少と脱毛は起こります。猫がバランスのとれた食物を摂取しているかどうか確認することが大切です。獣医師の意見を求めることもできます。

体重減少と脱毛は、食物アレルギーの徴候でもあります。猫に何らかの食物アレルギーがあると思ったら、獣医に相談してください。

STEP4ノミ、ダニまたは皮膚疾患


ノミやダニに寄生されると猫はかゆみから皮膚を噛むので、脱毛に発展することがあります。駆除剤によって治療が可能です。

皮膚炎などの皮膚疾患はかゆみや脱毛を招くことがあります。アレルギーの徴候である場合もあるので、獣医師に軟膏を処方してもらいましょう。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ