異性とちょっと会話をはずませる方法

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

友達でもなければ、会話ってはずみません。初対面の異性なんかだと、特に難しいものです。異性同士というのは、共通の話題を見つけにくいというのもあるでしょう。でもちょっとした工夫で、会話ははずませることができるものです。

STEP1

はじめは、相手の話を聞くことに徹します。これなら簡単と思うかもしれませんが、これが実は難しい。話好きの人でもなければ、初対面の異性にべらべらと話す人はいないからです。最初に相手が話したくなるような質問をして、うなずいたり、間をとったりで、話しやすい環境をつくってあげます。

STEP2

質問は、そのシチュエーションにもよりますが、今日の天気のこと、最近のニュースのことなどあたりさわりのないものでもいいし、共通の友人のこと、なんの仕事をしてるか、どこの学校に通っているのかなどプライベートなことでもいいでしょう。

STEP3

あまりコロコロ話題を変えず、相手が話したがってたら、その話題を掘り下げるようにします。そのとき、相手の感情にかかわるものをすくいとってあげます。例えば、「最近、残業ばかりだし、土日も休みないの」などと相手が言ったら、この言葉の裏には、つらい気持ちをわかってもらいたいという感情があります。なので「そうなんだ。それじゃ体がもたないし、精神的にもまいるよね」と、共感してあげます。自分の気持ちをわかってもらえた、と思うと、相手はそれだけでうれしいものです。これで2人の距離は一歩近づきます。

STEP4

相手の話ばかり聞いていても、これは会話にはなりませんので、ひとしきり聞いたら、こんどは自分が少し話します。そのとき大事なことは、自分の素直な気持ちを(最初はちょっとだけ)さらけだすことです。例えば仕事のことで会話がつづいていたなら、「僕も、一時期残業ばかりさせられて、本当に、部長のことなぐってやめてやろうかな、って思ったんだ」と本音(!?)を言って、「でも、いまとなってはその時期に鍛えられて、自信になってるんだ」などと、素直に話します。

STEP5

こっちが素直な感情をさらけだすと、相手もそれにあわせて、素直な感情をだしてくれます。これで会話はなめらかになります。

まとめ

会話は、感情がともなっていれば、なめらかになります。相手の感情に共感しながら、自分も感情をだすというイメージです。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ