古いラジカセの修理方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:55
  • ありがとう数:0

はじめに

古いラジカセのヘッドの交換、ベルトの交換を自分でする方法や、部品の入手方法をガイドします。

STEP1<b>■ヘッドの入手方法</b>

 a.メーカーの補充部品(古い製品の場合は在庫が無い)
 b.ジャンク屋でヘッドやヘッド付きメカを探す
 c.壊れた同型品から取る(HardOff、ジャンク屋、オークション等)
 d.他のラジカセ(メーカー・型式不問)から取る

STEP2

他メーカーのラジカセから外したヘッドの場合、取付寸法が違えば使えない訳ですが、
メーカーや機種が違っても取り付け寸法は殆ど同じなことが多いです。(録・再、消去それぞれで)

従って、ラジカセのヘッドであれば、どこの製品でもほぼ問題なく使えると思いますが、絶対に保証できるとは云えません。稀に寸法の異なるものが有るかも知れませんので、事前にご確認下さい。

また、厳密に云えば、ヘッドのインピーダンスも合わせなければいけないのでしょうが、
聴いても違いは分かりませんので大丈夫です。(何しろ、ラジカセですので)

STEP3<b>■ヘッドの交換とアジマス調整■</b>

取付寸法さえ合えば、交換自体は特に難しいことはありません。強いて問題と云えば、交換後のアジマス(ギャップの垂直性)調整です。

調整用のテープとオシロスコープがあれば簡単ですが、無い場合は試行錯誤(トライアル・アンド・エラー)で調整用ネジ(バネの入っている方)を少しずつ回しながら、最良点(高音が最も良く出る点)を探します。

ラジカセの場合、再生帯域はせいぜい10kHz位まででしょうから、それ程精度は気にしなくても良いかも知れません。その辺は各人の「こだわり」次第かと思います。最良点を決めたら、緩み止めにセメダインなどを塗布しておきます。

STEP4<b>■ゴムベルト■</b>

ニュー秋葉原センター内の部品屋(万世橋署並びのガード下)にゴムベルトが何種類か置いてあります。

STEP5<b>■その他■</b>

古い機種の場合、メカに塗布してあるグリースが硬くなり、スムーズな動作を阻害していることが多いです。出来れば、全部バラして拭き取り、グリース(プラスチック用が良い)を塗り直した方がいいです。

まとめ

参照URL http://okwave.jp/qa/q3107992.html [OK Wave 古いラジカセの修理方法]

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

ピックアップ

ページ先頭へ