睡眠時間が少ない人の方が太りやすい訳

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

食事の量や運動不足だけではありません

STEP1

消費カロリーよりも、摂取カロリーの方が多くなったら太る、というのは
理屈的にわかりやすいことですよね。

運動不足になったり、遅い時間にカロリーの高いものを食べたり、
そんなことが続いたら、必然的に太ってきます。

STEP2

でも、単純にそれだけではなく、睡眠不足もダイエットにはよくない、
ということがわかってきました。

睡眠時間が少ないと、ホルモンバランスが崩れてしまうんです。
【レプチン】というホルモンは脂肪細胞が分泌する、食欲を抑えてくれる
ホルモンです。
【グレリン】は胃で作られるホルモンで、食欲を増進する働きがあります。
この2つのバランスが崩れ、食欲が増し、食事の量や食事を取る機会が
増えることで、身体に余分な脂肪を溜め込んでしまうのです。

このホルモンのバランスが崩れた人でも、2日間10時間睡眠をしたら
正常値に戻った、という検証もされています。
ちょっと睡眠不足が続いている、と感じたら、眠れるときにしっかりと
睡眠をとり、ホルモンバランスを正常に戻すようにしましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ