お風呂で身体の芯から温まる方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1601
  • ありがとう数:0

はじめに

熱ーいお風呂に入ると、身体が温まったような気にはなりますが、実は温まっていません。温度の高いお風呂は熱くなってどうしても5分以下で出てしまいますよね。でもぬるめのお風呂にしばらくつかることで、初めて身体は芯から温まるのです。

STEP1<b>[ぬるめに沸かす]</b>

お風呂をぬるめに沸かします。沸かし過ぎたら水でうめます。熱いお風呂に慣れている人は「ぬる過ぎかな?」と思うぐらいがちょうどいいです。

STEP2<b>[15 - 20分つかる]</b>

湯船に15 - 20分ほどつかります。いつも5分ぐらいで済ませている人は、慣れるまで時計などを持ち込んで計ります。目安はじっとり汗ばんでくるぐらいまで。

STEP3<b>[マッサージやストレッチをする]</b>

冬場は湯船につかってもなかなか温まらないこともあります。入浴中に軽いマッサージやストレッチをしましょう。血行が良くなってさらに身体が温まります。

まとめ

冷え性に悩む人、男性でも寒がりの人は、毎日必ずお風呂で温まりましょう。夏場も冷房で冷えた身体を温める必要があります。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ