廃油の再利用方法☆石鹸・ローソクの作り方

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

廃油を再利用してみませんか?夏休みの自由研究にもお勧めです。

STEP1【廃油石鹸の作り方】

用意するもの:廃油660cc、水200cc、苛性ソーダ90g、牛乳パックの型枠

廃油に苛性ソーダ水を加え、15分から20分混ぜます。
固まってきたら牛乳パックに入れて寝かせます。
1週間で型枠から出し、1ヶ月乾燥させます。

廃油と苛性ソーダ水は60℃くらいに温めておくとけん化しやすくなります。
廃油の匂いが気になる方は、ハーブなどで香りをつけるとよいでしょう。

苛性ソーダは劇薬指定されていますので、取り扱いには注意してください。

参考URL
http://okwave.jp/qa/q490875.html
http://okwave.jp/qa/q905553.html

STEP2【廃油ローソクの作り方】

用意するもの:廃油、固めるテンプルなどの市販の凝固剤、ローソクの型にする容器
芯になるタコ糸、香料、割り箸

ローソクの型の中心に、芯になるタコ糸を固定します。
廃油を温め凝固剤と香料を入れ混ぜます。
油の量と凝固剤の量は規定の量を基本にしますが、凝固剤は多めに入れます。
ローソクの型に廃油を入れます。
容器に割りばしをのせ、タコ糸を挟んで固定させておきます。
室温まで温度が下がったら出来上がりです。
*クレヨンなどを削って色をつける事ができます。

参考URL
http://okwave.jp/qa/q3272833.html

STEP3【廃油はリサイクル】

廃油は捨ててしまうことが多いかと思います。
捨ててしまう前に再利用してみましょう。

夏休みの実験などにもお勧めです。

苛性ソーダを使う時や、温めて使う時は危険ですので注意してください。
特に小さなお子さんがいらっしゃる方は注意してください。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ