傘立ては買わず、突っ張り棒を使おう

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1820
  • ありがとう数:0

はじめに

玄関の傘。
なぜか、自然に増えてしまいます・・・
傘立てを置いて、傘を収納しようとすると、玄関のかなりのスペースをとってしまうというお家もあるのではないでしょうか?
それでは、そのまま置くとすると、壁がびちょびちょ。
傘がばたばたと、倒れてきたりします。
何本か傘がたまると、結構場所をとります。
困ったなあ・・・
そんなとき、突っ張り棒で解決しませんか?


STEP1玄関の靴箱と壁のスペースに、突っ張り棒をはめ込む。

STEP2傘を掛けてみて、落ちてこないか確かめる。

落ちてくるようなら、突っ張り棒を調整する。

まとめ

玄関がすっきりして、見栄えもよくなります。
靴箱と壁にはさめるなど、条件に合うお家のみの場合になってしまいますが・・・
あと、大体は一般の100均で売っている突っ張り棒でOKなようですが、傘の重さにあったものを、確かめて使用してくださいね。重さに合わないものだと、家に帰って玄関に入ると、傘が散乱していた・・・なんてことになりかねません。

必要なもの

突っ張り棒

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ