ハウスダストの対策方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:0
  • ありがとう数:0

はじめに

春の花粉にはじまり、梅雨はダニの発生時期です。アレルギー疾患の子供や大人にとって辛い季節です。

STEP11.アレルギー疾患の原因となるハウスダストについて

現在増加しているアレルギー疾患の原因の1つがハウスダストです。住宅におけるダニの増加が原因です。どんな家にもダニは必ずいますが、湿度60~85%、気温20~35℃程度の高温多湿を好むダニにとって、昨今の高気密高断熱の住宅はより繁殖しやすい好環境です。発生しやすい場所や原因は家によって異なるのでまずはそれを調べることが対策の近道です。

STEP22.ハウスダストを解決しよう。

薬で一時的に押さえるよりも、根本的な解決策として、住環境の見直しをお薦めします。
ここからは見落としやすい意外な盲点と対策をご紹介します。

STEP33.布団からダニを取り除くには・・・

布団は干すだけでなくしっかり乾燥させた後に掃除機をかけるのがお薦めです。ダニは50℃を10分間継続しただけでは死にません。

STEP44.湿気には・・・

湿気は大敵です。まめな換気を心がけて下さい。加湿器を使う場合でも、まめに窓を開けて、意識的に換気しましょう。

STEP55.絨毯やラグ、マットには・・・

絨毯やラグやマット、裏側もすごいです。ゴミはダニのえさ。基本的にゴミの量とダニの量は比例します。掃除機をまめにかけましょう。2~3週に一度は普段かけないところも掃除機をかけましょう。

STEP66.子供がいる方は・・・

子供がいる場合、チャイルドシートやだっこひもにもダニが多く潜んでいます。食べこぼしやよだれはエサとなり繁殖します。まめに掃除機をかけたり、洗濯しましょう。

まとめ

エア家電を使って空気をきれいにして美しい生活を始めましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

ピックアップ

ページ先頭へ