肌の弱い人が掻き傷を作ってしまったとき、早く治す方法

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

夏が終わり秋~冬に向かうにつれて、肌の弱い人は
乾燥肌と戦う季節になると思います。

乾燥によるかゆみなどで皮膚に引っ掻き傷を作ってしまった場合、
できるだけ早く治す方法があるので、ご紹介していきます。

STEP1傷口へ直にサランラップを巻きます。

はがれないようセロテープ等で止めるのですが、このとき
ラップの中に空気が入らないよう、両端を止めて密封状態に
してください。

後は治るまでそのままの状態をキープしましょう。

STEP2とはいえ、外出する際にラップを巻いていると

見栄えが気になりますよね。変に目立つ可能性もありますし。

そんなときは絆創膏の内側、ガーゼのある部分に
ガーゼよりちょっと大きめにラップをつけ、
ラップ部分が傷口に当たるように絆創膏を貼りましょう。

STEP3なぜラップを巻くのかというと、傷口を乾燥させないためです。

傷口が乾燥すると細胞が繁殖しづらくなり、治り難くなります。

本来、外傷が治癒する過程では
まずガードとしてかさぶたを作り、その下で皮膚を作っています。
これでは二度手間です。

この方法はかさぶたを作らないため、通常より早く治るというわけです。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

サランラップ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ