油断出来ない暫定基準値

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

暫定基準値を元に「安全だ」と言われている水や食品。 そもそもその基準ってどのくらい標準と違うのか、ご存知ですか?

STEP1

現在の「暫定基準値」は、原子力安全委員会が作成した「飲食物の摂取制限に関する指標」を基に設定されています。
さらにその基は国際放射線防護委員会(ICRP)の勧告などです。

ちょっとややこしいですが、
では、実際に数値を比較してみましょう。

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000001558e-img/2r9852000001559v.pdf

STEP2【水道水】

●世界の基準値
WHO基準      1ベクレル/L
ドイツガス水道協会 0.5ベクレル/L
アメリカの法令基準 0.111ベクレル/L

●3/17までの日本の基準値
ヨウ素 I-131  10ベクレル/L 
セシウムCs-137 10ベクレル/L

●3/17以降・現在の日本の基準値
ヨウ素(I-131)131   300ベクレル/L
セシウム(Cs-137)137  200ベクレル/L
※乳児は100ベクレル/L

今までの20~30倍、
WHO基準と比較するとなんと200~300倍です。

STEP3【食品】

●世界の基準値
WHO基準      10ベクレル/kg
アメリカの法令基準 170ベクレル/kg
WHO基準(餓死を避ける為に緊急時に食べざるを得ない非常事態時の数値) 1000ベクレル/kg

●3/17までの日本の基準値
セシウム-134とセシウム-137の合計値が370ベクレル/kg
※基準値を超える物は輸入させなかった

●3/17以降・現在の日本の暫定基準値
・ヨウ素(I-131)131 
 牛乳・乳製品 300ベクレル/kg
 野菜類 (根菜、芋類を除く) 2000ベクレル/kg

・セシウム(Cs-137)137
 牛乳・乳製品 200ベクレル/kg
 野菜類 500ベクレル/kg
 穀類 500ベクレル/kg
 肉・卵・魚・その他 500ベクレル/kg

もともとがWHO基準の37倍。
現在、野菜にいたってはWHO餓死基準の2倍です。
私たち、餓死するほど他に食べ物がないのでしょうか…??

STEP4

ドイツ放射線防護協会は3月20日、「日本における放射線リスク最小化のための提言」を出しました。

http://icbuw-hiroshima.org/wp-content/uploads/2011/04/322838a309529f3382702b3a6c5441a31.pdf

この中で「乳児、子ども、青少年に対しては、汚染飲食物1kg あたり4ベクレル以上、成人は汚染飲食物1kg あたり8ベクレル以上のセシウム137を含む飲食物を摂取しないことが推奨される」としています。

まとめ

【暫定】正式に決定するまで、仮に定めること。臨時の措置。 この基準が続くと、安全だと思っている食品や水で、多くの人が内部被ばくします。特に子供は大人と比べて影響が大きいのです。 政府は暫定基準の期限を即刻提示する責任があります。 子供の安全を守るのは、大人の役目。 正しい知識を持ち、その上で判断することが重要です。 子供達の未来を皆で守っていきましょう!

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ