水筒のゴムパッキンについた黒ずみの正体は?!

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:8121
  • ありがとう数:0

はじめに

今や”マイ水筒”は当たり前の時代ですが、よくよく見ると水筒のゴムパッキンが黒ーくなってることってないですか?

STEP1【黒ずみの正体は・・・】

実はカビです(><;)
どんなに洗っていても、いつのまにかついてしまいますよね・・・。
カビがつかないように洗っていても、乾燥状態がいまいちのまままた使用したりすると黒ずみの原因となります。

STEP2【対策方法その1】

キッチン用の漂白剤につける。
例えば、週末にまとめてつけるとか、ルールを決めておくのも良いかもしれません。

STEP3【対策方法その2】

それでも落ちなければ、ゴムパッキンを変えましょう。
元々、水筒などのゴムパッキンは消耗品です。
メーカーのHPなどを見ると、パッキンのみでばら売りしています。
1年に1回の交換をオススメします☆

まとめ

黒ずみは、体に害はないのですが・・・
やっぱり見た目が不衛生な感じですよね(^^;)

できるだけチェックして、年に一度は交換です♪

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ