にんじんはカロテンの王様

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

にんじんはカロテンを非常に多く含みます。

カロテンは皮膚や粘膜を保護し、細菌に対する抵抗力をつけるので、肌のトラブルや風邪の予防にも最適です。

STEP1<b>にんじんの豊富な栄養</b>

にんじんはカロテンの他にも、各種ビタミン、カリウム、食物繊維などの栄養分も豊富です。
栄養分は皮の下にたっぷりと含まれているので、皮ごと調理するか、薄くむくようにします。

STEP2<b>「+タンパク質」で・・</b>

油を使って魚や肉などのタンパク質と調理すれば、カロテンの吸収が良くなりスタミナが増強し、体力アップします。

STEP3<b>まっすぐで形の良いものを選ぶ</b>

にんじんを選ぶときは、表面が滑らかでつやがあり、色の濃いもの、茎の切り口が小さいものが良いでしょう。

STEP4<b>調理と保存アドバイス</b>

生食ではアスコルビナーゼという酵素がビタミンCを破壊してしまいますので、酸を加えるか加熱をすれば、酵素の働きを抑えられます。

保存は水気を拭き、ラップに包んで立てておけば、約1週間保存可能です。

まとめ

にんじんは・・・

☆病原菌をブロックする
☆内臓を丈夫にする

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ