胎内記憶 ~ママのお腹の中で~、ほっこり幸せを感じるポイント★

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:3047
  • ありがとう数:0

はじめに

出産という大仕事を終え、待ちに待ったわが子とご対面。
お腹の中ではなにをしていたんでしょうね。

STEP1<b/>【胎内記憶とは】</b>

赤ちゃんがママのお腹の中にいた時や出産の時の記憶のことです。
子供は3~4歳頃までは、ママのお腹の中にいた時の記憶を持っていると言われています。
子供も成長して、いろんな事を経験していくと、胎内の記憶は忘れてしまいます。
もったいないですね。
でも、成長している証でもあるんですよね。

STEP2<b/>【聞き方のコツを紹介します】</b>

夜、布団に入って安心しているときがベスト。
あとは、お風呂でゆったりできている時もいいと思います。
リラックスできている状態が、お腹の中にいた時と近い状態なんでしょうね。

注意としては、子供が胎内記憶の話をするのは、ママに伝えたいことがあるからなので、無理やり聞き出してはいけません。
否定するような発言をすると、受け入れてもらえなかったと感じた子供は口を閉ざしてしまいます。

STEP3<b/>【私も長男が3歳のときに聞いてみました】</b>

私「お腹の中で何してたの?」
息子「スイミング」(この頃スイミングに通っていたので、羊水をプールに例えたみたいでした。)
私「どういうふうにスイミングしてたの?」
息子「こう・・・」(体を丸めてました)
私「じゃ、どうやって外に出てきたの?」
息子「頭から」
私「ママのお腹の中どうだった?」
息子「汚かった」
大爆笑でした。
1年後、同じ質問をしたらあっさり「わかんな~い」と言われてしまい悲しかったです。

STEP4<b/>【補足】</b>

会話ができるようになった頃、ぜひ聞いてみてください。
ちょっぴり幸せな気分になれますよ。


【参考】
http://www.30ans.com/memory/
「池川 明の胎内記憶 赤ちゃんはお母さんを選んで生まれてくるのです」

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ