「更年期障害」の治療の仕方

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:0
  • ありがとう数:0

はじめに

女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が減り、体の不調を感じる人が多くなる更年期。 一体、どんな特徴があるのか? 後、漢方療法も紹介します。

STEP1特徴

日本では「疲れやすい」「肩こり」がトップ2で、全体としては心の症状が少なくない。
上位20の症状を見ても、物忘れや神経質、イライラなど心の問題が多い。
エストロゲンの減少だけが、更年期障害の原因ではないそうです。

STEP2漢方薬

更年期障害に保険適用される漢方薬は30種類以上ある。
中でも三大漢方婦人薬と呼ばれる「かみしょうようさん」「とうきしゃくやくさん」「けいしぶくりょうがん」は科学的データも多い。
医師によって意見が分かれるが、三つともよく効く。
大体、患者さんは、ちょっと体が弱々しい虚証の人が多いそうです。

STEP3使い分け

いざ使い分けをするとなると難しいが、3つを比べたデータ見ると、「かみしょうようさん」は神経質、くよくよ、不安という、心に関係ある分野を中心に全体的に有効率がやや高い。
体の症状では、「とうきしゃくやくさん」が腰痛、発汗、肩こりなどに優れた効果があります。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

ピックアップ

ページ先頭へ