震災後、「人生ゲーム」「ルービックキューブ」などが売れてます!

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:534
  • ありがとう数:0

はじめに

東日本大震災による電力不足を背景に、人生ゲーム、オセロ、ルービックキューブといったアナログ的なゲームの人気が急上昇しています。

STEP1

テレビゲームや携帯ゲーム機などが計画停電や電池の品薄で使えない事態になった経験から、アナログ的なゲームが再評価されています。

高島屋新宿店では、震災後の3月後半から4月にかけて「オセロゲーム」の販売数が通常の3倍になったとか!
ルービックキューブや子供向けマージャン風玩具「どんじゃら」、ブロックゲームも人気。タカラトミー製「人生ゲーム」は3月第2、3週の売り上げが前年同期の約1.5倍になったとのことです。

STEP2

電池使わない玩具を売り場の見やすい場所に置くなど商品の配置換えする百貨店もあります。ソーラー発電や充電式の玩具を主体的にそろえるなど、売り場でも臨機応変に対応しているようです。

バンダイの子会社、メガハウス販売の電池を使わない対戦型の立体ピンボールゲーム「アクションバトルドーム」の受注が増加しているなど、市場に変化が現れています。

STEP3

日本玩具協会では「今後も家庭での節電などを目的に、テレビゲームで遊ぶ時間を短縮したり、電気を使わないおもちゃが好まれる傾向が出てくる可能性がある」と分析。

電力不足が心配される夏場に向けて、おもちゃ市場も変わってきそうです。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ