バイリンガルでなくても英語の先生になる方法

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

バイリンガルでないと、英語の先生にはなれないと思っていませんか?ネイティブ発音でなくても、英語の先生にはなれます。あなたの英語スキルを必要とする生徒さんを探せば良いのです。

STEP1<b>【初級者に教える】</b>

初めから全て英語のレッスンでは全く理解できないレベルの英語超初級者さんに教えてあげられることはあるはずです。基本を教えてから、ネイティブの先生に渡せば良いのです。

生徒さんを集める方法:
ぺらぺらワールド(http://www.peraperaworld.com/ )や先生バンク(http://www.senseibank.com/ )に登録して、何をどのように教えられるかをプロフィールに記しましょう。

STEP2<b>【TOEICを教える】</b>

TOEICの点数アップのコツや勉強方法を知っていれば、教えられます。留学を目指している生徒さんにはTOEFLを教えましょう。

生徒さんを集める方法:
ブログ、メールマガジン、SNSのコミュニティなどでためになる情報を発信します。読者がある程度集まったら、募集をかけてみましょう。

STEP3<b>【お年寄りに教える】</b>

英語を習ったことのない高齢の方達には、日本語を交えて教える必要があります。グローバル時代ですから、英語を学びたいと思っている方も多いです。

生徒さんを集める方法:
近所、地元、知り合いに声をかけてみます。興味を持つ人がいたら、周りにも声をかけてもらいましょう。

まとめ

バイリンガルでなくても、ニーズはあるものです。「バイリンガルではないけど、○○を教えられる」ということを強くアピールしましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ