GWの祝日の由来のポイント

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:705
  • ありがとう数:0

はじめに

毎年、楽しみにしているゴールデンウィーク。

STEP1『4月29日 昭和の日』

2007年(平成19年)国民の祝日に関する法律で一部改正により制定された祝日。
昭和天皇のお誕生日であった。

1989年1月7日昭和天皇崩御により、同年以降の4月29日はそれまでの天皇誕生日としては存続できなくなり、「みどりの日」とされていたが2007年改正により「昭和の日」となった。

STEP2『5月3日 憲法記念日』

「日本国憲法の施行を記念し、国の成長を期する」国民の祝日

1947年(昭和22年)のこの日に日本国憲法が施行したのを記念して、翌年の1948年(昭和23年)7月公布・施行の祝日法によって制定された祝日。

STEP3『5月4日 みどりの日』

2007年(平成19年)国民の祝日に関する法律で一部改正により制定された祝日。

1989年~2006年は4月29日だったのが、改正により移動となる。

昭和天皇崩御により、天皇誕生日が12月23日に改められることになったが、ゴールデンウイークの一角を構成する祝日を廃止することによる国民生活への影響が懸念されたことから制定された。

STEP4『5月5日 こどもの日』

1948年(昭和23年)に公布・施行された祝日法によって制定された
「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」こととする国民の祝日。
たまた端午の節句として男子の健やかな成長を願う行事とされている。
こいのぼりやよろいなどの五月人形を飾る。

まとめ

端午の日には、ちまきやかしわ餅を食べる風習がある。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ