体を癒しに行こう「リフレクソロジー」

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:329
  • ありがとう数:0

はじめに

せっかく癒しに行くのなら、きちんと施術の事を知っておきましょう。

STEP1『リフレクソロジー』

反射療法ともよばれる。

足の裏や手を刺激することによって間接的に全身に働きかけて心と体のリラクゼーション、疲労の改善や病気の治療などを図る療法

STEP2『〇〇式リフレクソロジー』

○○式リフレクソロジーとありますが、東洋式リフレクソロジーと西洋式リフレクソロジーの大きな違いは、刺激の強さです。

STEP3『リフレクソロジーの効果』

西洋式・東洋式
 リラクゼーション効果
    自然治癒力、自己治癒力が高まる
    血液の循環、リンパの流れがよくなる
    ホルモンバランスが整う

東洋式は上記のほかに
    気の流れがよくなる
    病気や持病の回復効果        

STEP4「施術時間の選択」

リフレクソロジーで、10分くらいの場合は主要な箇所のみを行うサロンが多いようです。

全身的に疲れが溜まっているという人は、是非最低でも35分~40分程は確保することをおススメします。

まとめ

病気を治すのが目的ではなく、あくまで自然治癒力を高め体の改善をはかるための療法です。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ