ボディケア用アイテムの費用を安くする方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:428
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by kuroiusako
すべすべのボディ、憧れますよね。
ケア次第ではボディもしっとりすべすべになります。
でも、顔とおなじようにボディもケアしたいけど、ボディケアってスキンケアに比べて面倒ですよね。
ボディって塗布する面積が大きいから顔と同じ化粧水やクリームを使用するのはもったいない
かといってボディケア専用アイテムにお金をかけるのはちょっと・・・という方
ボディケア用に化粧水を手軽にお安く手作りしませんか?
身体に気持ちいい化粧水の作り方紹介します。

STEP1使用する器具や化粧水を入れる容器を、煮沸滅菌します。

もしくは、アルコールをしみ込ませたティッシュで拭き取って滅菌してもいいです。

STEP2使用する水を滅菌します。

お鍋に水道水をいれ、火にかけて沸騰させます。
そのまま放置するか、そのお鍋ごと水に浸すなどして少し冷まします。
精製水を使用する場合は滅菌する必要はありません。
水道水の代わりにお気に入りのミネラルウォーターを使用してもいいです。

STEP3滅菌した容器に上記の滅菌した水を200ml入れます。

Photo by kuroiusako
クエン酸を10g加え、溶かします。
消毒用アルコールを150ml(無水アルコールの場合は100ml)を加え、
グリセリンを100ml加えます。
さらに、残りの滅菌した水を加えトータルで1Lになるようにします。
よくかき混ぜて、容器に入れます。
常温でも保管できますが、心配であれば冷蔵庫で保管しましょう。

かわいい小分け用容器に入れるといいですね。

STEP4安価でたくさん作れるので、全身にバシャバシャ使えます。

お風呂上がりなどに全身にたっぷり使用して下さい。
もちろん、顔にも使用できますよ。

まとめ

もしも、肌に合わないときは使用をおやめください。
作りたい容量に合わせて半分や1/3などにしてつくるとよいです。

必要なもの

クエン酸 10 g (500gで1000~1500円程度) グリセリン 100 ml (500gで700~1000円程度) 水もしくは精製水 750 ml (精製水は500mlで100円程度) (無水アルコールを使用する場合は 800 ml) 消毒用アルコール 150 ml (500mlで800~1500円程度) (もしくは無水アルコール 100 ml) 作成用の容器(1Lが入る、ボールや空き瓶など) 小分け用の容器(化粧水の空き瓶など)

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ