今年こそはチャレンジ!!梅干し作りの手順と用意する物のご案内

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

梅干し作りに挑戦したいと思っている方へ、手順と必要な物を確認しておきましょう。

STEP1□梅の選びかた□

梅干しの主役”梅”の選び方です。
梅には種類が多くありますが、種が小さく果肉の多い南高梅がお勧めです。
早いところでは5月下旬くらいから出回ります。
全体に黄色みを帯びた大粒のものを選びましょう。
キズのついたものはカビの原因になるので取り除きます。
青く硬いものは、ざるに広げて追熟させるか、1日水につけてから使います。

STEP2□その他に用意するもの□

*漬物容器・・酸と塩分に強い陶製やガラス、ホウロウのものを用意します。
*押しぶた・・容器より一回り小さな物を用意します。
       金けのない、酸や塩分に強く、おもしの重さに耐える
       木のふたや陶製の平皿などにします。
*おもし・・酸と塩分に強い陶製や石、ポリエチレン製のおもしを用意します。
*ふきん・・清潔で水分をよく吸うものを用意します。

STEP3□梅干し作りの手順□

①6月上旬ころ(梅が出回るころ)
 ・梅を入手して塩漬けにし、梅酢が上がるのを確認します。 
 ・そのまま赤じその葉が出回るのを待ちます。
②6月中旬から下旬ころ(赤じそが出回るころ)
 ・赤じその葉を入手してアク抜きをします。
 ・梅酢と梅、赤じその葉を一緒に漬けます。
③7月20日ころ(土用の晴天が続くころ)
 ・土用干しをします。梅、赤じその葉、梅酢を天日に干します。
 ・保存容器に入れて1か月以上ねかせます。

まとめ

手順や注意点をしっかり守れば、小学生でも漬けることができます。 (我が家では梅がたくさんとれるため、ご近所の方と梅干しクラブを結成し 毎年漬けています。小学生の子もマイ梅干しを作っています。) 最初は難しいと感じるかもしれませんが、ぜひ挑戦してみてください。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ