ママ友間のお礼やお詫びはメールよりも直接が好感度アップ

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

ママ友間のお礼やお詫びは親しくなるチャンスでもあります。
子供同士のいざこざや、何かしてもらったときはお礼やお詫びをきちんとしましょう。

電話やメールでのお詫びも一般的になってきました

今の時代は携帯が普及し、電話やメールで連絡を取り合うのが常識です。
顔を突き合わせなく会話ができるし、相手の都合を考えなくても気持ちを伝えられるメールは便利です。

しかし、便利な中にも落とし穴があります

表情が見えず声だけでは把握しずらかったり、メールの文面によっては高飛車な感じにとられることもあります。

お礼やお詫びをするときは直接自宅にうかがうことをお勧めします

顔を突き合わせ、話すことで新密度もアップしますし、何か手土産でも持って伺えば、相手も嫌な気にはなりません。

時と場合によりますが、あまり深刻な状況でなければ、手土産はあまり高価なものより、相手に気を使わせないような、家に余っているものや、もらったけど自分は使わないものなどの方がいいでしょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ