データを失うことなくiPod classicを充電するには?

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:382
  • ありがとう数:0

はじめに

デフォルトでは、iPod、iPhoneやiPadをコンピューターにつなぐと、iTunesと自動的に同期する設定になっています。この設定だと他の人のコンピューターに自分のiPodclassicをつないだ場合、困ったことになります。iPodを充電するために友達のコンピューターにつなぐと、友達のコンピューターのiTunesがあなたのiPodと自動的に同期して中のデータを消去してしまいます。
iPodをつなごうとするコンピューターのiTunesの自動同期を無効にすれば、データを失うことなく充電ができます。

STEP1iTunesを起動します。

STEP2

ウィンドウ上部の「編集」をクリックし、ドロップダウンメニューから「設定」をクリックします。

STEP3開いたウィンドウ上部の「デバイス」タブをクリックします。

STEP4

「iPod、iPhoneおよびiPadを自動的に同期しない」のチェックボックスをオンにします。

STEP5

設定を保存するために「OK」をクリックし、ウィンドウを閉じます。

STEP6

iPod接続ケーブルのUSB端子をコンピューターのUSBポートに挿し、もう片方の端をiPodに挿し込みます。すると、iPodの画面に「充電中」のバッテリーアイコンが表示されます。

STEP7

バッテリーアイコンが「充電済み」に変わったら、「取り出し」を行ってからiPodを取り外します。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ