蚊に刺された後、かゆみを早く引かす方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1186
  • ありがとう数:0

はじめに

 今では年中飛び回っている蚊。刺されるとかゆくてたまりません。これは、蚊が血液を吸う際、唾液を人の体に注入しているからだそうです。蚊の唾液がアレルギー反応が起き、かゆみが出てくるとか。

この嫌なかゆみ、どこのご家庭にあるもので、簡単に引かすことが出来ます。お試しください。

STEP1

 蚊に刺された部分はかかないでおきます。かくとそこに傷が出来、新たなアレルギー反応が起きる可能性があります。そのままで。どうしても辛かったら、冷えたタオルで押さえておいてください。

STEP2

 お風呂にぬるま湯を張ります。そこにドブンと浸かる。これで、かなりかゆみが収まります。

まとめ

 何故、このようなことが起きるのかというと、かゆみ成分を刺された場所に留めておくのではなく、ぬるいお湯で血流を良くし、体中に分散させるからです。

 冷えたタオルは、感覚を一時的に麻痺させる為の応急処置です。根本からかゆみを止めるのであれば、お風呂が一番です。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

必要なもの

かゆくても耐える精神力

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ