結婚式何を着てゆけばいいの?恥をかかない服の選び方

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:8420
  • ありがとう数:0

はじめに

結婚式に呼ばれたら、どんな服を着てゆけばいいの?新郎新婦のご両親や、さまざまな年代が集まる席で、不安ですよね。服装は、季節や式場、時間帯によって考えなければなりません。ここでは、友人・同僚として呼ばれた場合の服装のマナーを紹介します。

OKGuide特集 「意外と知らないかも?結婚式のマナー特集」

男性の場合

上下黒のスーツに、ワイシャツは、白。
ネクタイの色は、シルバー、または白黒のストライプ。
靴、靴下は、黒にします。

女性の場合

昼間は、肌の見せないドレス、ワンピースなどにします。
夜は、肌を見せるイブニングドレスなど。
華やかな色の服装を心がけましょう。(男性が黒色の服になるため)
ただし、花嫁より目立ってはいけません。白一色の服装はNGです!
靴は服装に合わせた色の、つま先の出ないタイプではないものを選びます。
【和装の場合】
附下・訪問着にします。(未婚なら振袖でも)

【夏の結婚式】

夏の結婚式であっても、肌の露出があるものは避けます。
素足も厳禁です。

【冬の結婚式】
男女ともに、毛皮・皮革などは避けます。
会場までの防寒着として使う場合は、会場に到着したクロークに預けましょう。
ブーツもNGです。

まとめ

いろんな年代の方が集まる結婚式なので、ミニスカートや夜であっても肌を見せる服装を嫌がる方もいらっしゃいますので注意です。
特に女性は、華やかにしてゆくと(花嫁より目立たないように)、喜ばれます。

OKGuide特集 「意外と知らないかも?結婚式のマナー特集」

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ