「気管支喘息」とは?

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:0
  • ありがとう数:0

はじめに

夜間や早朝になると咳がでて、息をするたびに「ゼーゼー」「ヒューヒュー」といった音がして息苦しくなる場合は、気管支喘息の可能性が高いと思われます。

STEP1本態

気管支喘息の本態は、気道の炎症です。
喘息の気道は、症状のないときでも常に炎症があり、普段から気道の粘膜がむくんで、気道が狭くなっています。
また、気道はとても敏感になっていて、わずかな刺激でも気道を取り除く平滑筋が収縮して更に気道を狭くします。

STEP2

喘息の薬は、起こってしまった発作を止める薬と気道の炎症を抑え発作を予防する「長期管理薬」という薬に分けられますが、治療の方法は大体長期管理薬です。
長期管理薬の方法は、まず最初に強力な抗炎症作用を持つ吸収ステロイドという薬を使います。
吸収ステロイド薬は、すぐには効きませんが、毎日続ける事で炎症を少しずつ抑えます。

STEP3息苦しくなった場合

急に息苦しくなった場合には、気管支を広げる作用が強く速効性のある吸収薬を使用します。
使い方は医師の指示に従って下さい。
吸入しても症状が治まらない場合には、病院を受診し治療を受ける必要があります。

まとめ

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

ピックアップ

ページ先頭へ