写真うつりをよくしよう! 自然な笑顔で写る方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:4696
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by まきむぅ
にこにこ!

笑顔と言ってもいろいろありますね。歯を見せて「にー」って笑う、話しかけられて「ん?」って返事するみたいに微笑む、はずかしそうに「えへへ」って笑う……

日常生活のうえでは笑えているはずなのに、カメラを向けられると急にはずかしくなっちゃうことって、ありますよね。ここではカメラの前でも、いつもどおりに笑える方法をお伝えします。

STEP1<b/>呼吸を止めない</b>

写真を撮られている間も、そうでないときと同じように呼吸をしていましょう。撮る側は手ブレを防ぐために息を止めることがありますが、撮られるほうは息を止めてはいけません。表情がこわばって、ひきつってしまいます。普段どおりに呼吸して、リラックスしていましょう。

STEP2<b/>レンズじゃなくて、レンズの向こうの人を見る</b>

カメラに向かって笑っていると思わずに、レンズの向こうの人に向かって笑いかけていると思いましょう。
レンズの向こうには、自分を撮ってくれている人がいますね。そして、これから撮る写真を見てくれる人たちがいますね。その人たちに「こんにちは!」って笑いかける気持ちになってみてください。写真を撮られているのではなくて、レンズの向こうの人に笑いかけているんです。

STEP3<b/>頭の中でポジティブなことを言う</b>

よく写真館のカメラマンさんが言っていますね。「好きな食べ物なに? 好きな食べ物を想像して!」
思わず頬がほころんじゃうようなものごとを想像して、頭の中でなにか言ってみましょう。「きもちいーい!」「おいしーい!」「あったかーい!」「すずしーい!」「かわいーい!」「うれしーい!」「たのしーい!」特に言葉じゃなくっても、「うひゃー!」とか「わっほー!」とか、なんでもかまいません。

まとめ

Photo by まきむぅ
とにかく、「今写真を撮られているんだからいい笑顔で写らなくちゃ!」っていう意識を捨てることです。自然に呼吸しながら、レンズの向こうの人に向かって、なにかポジティブなことを表情で伝えてください。「きもちいーい!」「おいしーい!」「うれしーい!」「じゃがりこー!」


*Photo by makimuuuuuu*

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ