「花育」とは?

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:286
  • ありがとう数:0

はじめに

「花育」という言葉を聞いた事はありますか?
「食育」に並び、近年注目されている「花育」の活動には、健やかな心と体を育む大切な要素がたくさん詰まっているようです。

STEP1効果

花や植物に興味を持つと、四季の変化も実感できるようになります。
身近にある花や草木について話したり、行事の花文化(ひな祭りには桃の花を飾るなど)を伝える中で、地域や世代間の交流が生まれるという波及効果も期待されています。

STEP2右脳

目で見て触って香りを嗅ぐといった五感への刺激は、無意識の脳といわれる右脳を活性化させ、本来その人に備わっている好奇心や潜在能力を引き出すともいわれています。
ポイントは、花を見るだけではなく、直接触れて自由に生けてみること。
イメージを表現することでさらに脳が刺激され、感性が磨かれます。
高齢者にとっては手先を使う事が脳の老化防止にもつながります。

STEP3花瓶

花瓶がなくてもコーヒーカップやコップなど、水が入れられる物なら、何でも花瓶の代わりになります。
もし、器の口が広くて花がばらついてしまう時は、輪ゴムやひもで花を軽く束ねてから器に入れると簡単です。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ