「放射能怖い」福島からの避難児童に偏見

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by tikumanikki
原発事故で被ばくを恐れ福島県から避難してきた子供が「放射能怖い」と偏見を持たれるケースがあるとして、千葉県船橋市教委が全市立小中学校長らに配慮するよう異例の指導を行っていたとあります。 http://mainichi.jp/select/weathernews/20110311/news/20110414k0000m040137000c.html

STEP1【放射能汚染への偏見の悲劇】

福島県南相馬市から船橋市へ避難した小学生の兄弟の事例では、公園で遊んでいると地元の子供から露骨に避けられたといいます。

両親らは別の場所へ再び避難したといいます。

STEP2【市教委の対応】

市教委に指摘した市議は「話を聞き、心がさみしくなった。船橋の子供たちにはいつも『思いやりのある人になってほしい』と言っている」と話しています。

市教委ではまだ具体的な対応はできていないようですが、これからさらにこのような悲劇が予想されます。

STEP3【子供だけでなく大人も苦しめられている風評被害】

婚約者から結婚を断られたりしている人たちの話も耳にします。

被災地の人だからと、食堂に入るのを断られた男性もいるということです。

風評被害に苦しめたり、2重3重の苦しみに喘いでいる被災者の人たちが気の毒でなりません。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ