まだ間に合う!満開後も花見を楽しめる場所♪

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

花の季節は短いもの。ちょっと用事が続くとついうっかり花見のタイミングを逃してしまいがち。満開後も長く花が楽しめるスポットを紹介します。

STEP1【標高の高いところ】

平地に比べ、気温が低いため開花時期も遅くなり、したがって満開の時期も
遅くなります。
また、平地に比べ朝晩冷え込むため、花の開花期間も長くなります。

STEP2【水辺】

こちらも水が近くにあるため、ほかの場所に比べ気温が低くなり
花が長持ちします。

STEP3【まとめ】

これらを総合すると、山手の水辺、つまりダムのあるところなどが、
平地で開花時期がすぎてしまった後も、まだ桜を楽しむことができる
スポットといえます。

まとめ

西日本ではもう満開を過ぎてしまっていますが、山手のダムなどでは、 まだ今週末くらいまでは花見が楽しめそうです。 今年は花見をしそこなった…なんてあきらめている方、 まだ間に合います! 一年に一度の日本の風物詩! 今週末にでも、家族でお花見してくださいね♪

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

必要なもの

お弁当

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ