有能な部下が必ずしも上司から好かれるとは限らない

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

誰よりも仕事ができるのに、なぜか出世しない人はいます。上司から見れば、よく仕事ができる部下は、頼もしく感じるかもしれませんが、さほど仕事ができない上司にとっては、将来の自分の強力なライバルと映ることもあるのです。ですから、自分の身を守るために、あらゆる妨害工作が練られる可能性もあります。そこには、会社の発展と業績の向上などはなく、自己保身しかありません。かと言って、人間関係をうまくやるのにも限界があるのが現実です。

STEP1

自分の能力と出世が比例しないと思ったら、自問自答してみる。

STEP2

たとえ、出世できなくても、将来、今の会社に居られれば満足なのか?それとも、自分の能力を生かす場を探すべきなのか?

STEP3

資格や語学などの勉強しながら、チャンスを待つのも選択肢として考えられる。

まとめ

終身雇用の時代は過ぎ去りました。出世できない人は、会社の業績が傾けば、リストラの対象になることもあります。それでも、その会社が好きなのか、いや、自分を生かしたいのか。これは個人の人生観の問題です。後々、後悔しないように、つねに自問自答して決断することが大切です。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ