結婚式で喜ばれるスピーチの仕方

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1854
  • ありがとう数:0

はじめに

失礼のない、心に残る、スピーチをしましょう♪

STEP1<b>【時間】</b>

スピーチは、長すぎても短すぎてもよくありません。長すぎると、内容が良くても、聞く人に飽きられてしまいますので、5分程度のものにしましょう。
練習する時に、時間を計ってみると、良いでしょう。

STEP2<b>【内容】</b>

お祝いの言葉ですから、気持ちが伝われば良いのですが、誤って傷付けるような内容になっていないか、原稿を書いたら、よく見直してみましょう。選ぶ言葉などによって、誤解を生み出してしまう場合もあります。
簡潔な内容で、あまり肩書きや家柄などで褒めるような事は避け、その人自身の人柄や性格などを褒めるようにするのも良いでしょう。

STEP3<b>【言葉】</b>

”切れる”、”終わる”、”飽きる”などや、繰り返しの意味になる言葉などは避けましょう。何かに例える場合や、ことわざなどもよく調べて、間違った使い方をしないように、言葉は慎重に選びましょう。

まとめ

メモを見過ぎて下を向かないように、明るく、はっきりと通る声でスピーチをしましょう☆

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ