最愛のペットを看取る最善の方法

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

家族の一員である最愛のペットの最後を見守るのは、本当に辛く、悲しいことです。でもあまり悲しみ過ぎると、それがペットに伝わって負担を与えてしまいます。愛するペットだからこそ、楽に逝かせてあげたいですね…。

STEP1<b>[泣かない]</b>

お別れが近付いていると思うと、どうしても涙は出てしまいますが、できるだけ泣かない努力はしましょう。ペットは「自分がいなくなったら、飼い主はどれだけ悲しむだろう…」と思って、ムリに頑張ってしまうかもしれません。どうしても我慢できないときは、トイレやお風呂場でこっそり泣きましょう。

STEP2<b>[十分なお別れの時間を取る]</b>

ペットが亡くなる直前、そして埋葬する前は、可能な限りお別れの時間を取りましょう。できるだけのことをしておかないと、飼い主さんに後悔が残ってしまうからです。

STEP3<b>[「ごめんね」ではなく「ありがとう」]</b>

病気や事故でペットを亡くしてしまい、それを自分の責任と感じる飼い主さんもいると思いますが、亡くなった後にペットにかける言葉は「ごめんね」ではなく「ありがとう」。ペットは感謝はしても、恨んだりはしていません。

STEP4<b>[後悔しない]</b>

「あれをしてやれなかった」「もっと、ああすれば良かった」など、小さい後悔が生まれることもありますが、全て忘れましょう。ペットが心配して安らかに成仏できない可能性もありますよ。

まとめ

なかなか難しいかもしれませんが、できる範囲で努力して、ペットが安らかに逝けるようにしてあげましょう。飼い主さんがなるべく早く元気になった方が、ペットも安心して見守ってくれますよ。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ