テニスの練習の仕方(空振りをよくしてしまう方に)

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:4096
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by ariccyo
テニスのボールって小さくて、空振りをしてしまうことって、よくありますよね。
テニスをやっていて、個人的にいいなと思った練習方法を紹介します。

STEP1

初めに…空振りが多いというのは、ラケットを振るタイミングの問題か、バウンドの軌道を読めていないかだと思います。バウンドの軌道の問題であれば、バウンド後に低い位置で打つことによって、ある程度はコースとかを読みやすくなると思います。これで「うまくなる」かどうかは分かりませんが、ミスは少なくなるはずです。

STEP2

振るタイミングのコツですが、これはボールを高い位置(肩辺り)から利き手でない手で垂直に落して、バウンドしたボールを利き手でキャッチする方法がいいかと思います。もちろん落ちてくるボールに対して下から取るのは簡単なので、地面に水平に手を動かしてキャッチします(ラケットを振るようにして取れればベスト) 一番簡単なのが、バウンド後に一番高い位置に来て一瞬止まったところをキャッチするのですが、基本的におなかの辺りでスイングをすると思うので、おなか辺りでキャッチするといいと思います。これはタイミングのみを重視したトレーニングなので、実際打つ感覚とは全く違うので注意して下さい。ラケットの長さもあるので、手との違いはある程度意識して行ってください。

STEP3

最後に、手首の力ですが、ラケットの真ん中に当たれば、手首の力はあまり必要ありません 。といってもラケットの真ん中に当てるのはとても難しいことなので、これはもう慣れしかありません。後は、練習のみです。しっかりボールを見て、打つ練習をしてみましょう。

まとめ

ボールの軌道を自分で予想しながら打つ。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ