長寿のお祝い

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:365
  • ありがとう数:0

はじめに

先日、我が家でも祖母の米寿のお祝いをしました。姑は還暦。

長寿のお祝いってどんなものがあるのか、まだよく分からない方のためのページです。
案外たくさんあって、驚いちゃいますね^^;

STEP1◇初老のお祝い(42歳)

老年に入りかけた年頃と考えられたらしい。
男性の『大厄』の年でもある。

※今では還暦のお祝いが最初のお祝いと考えられている。

STEP2◇還暦のお祝い(60歳)

61年目で生まれた年の『干支』に返ることからの名で、『ほんけがえり』とも言う。
隠居する年頃と考えられたらしい。

『赤いちゃんちゃんこ』など赤をキーワードにする贈り物は無事息災を祈り、赤ちゃんに生まれ変わったような気持ちでますます元気に、という願いも込められている。

STEP3◇古希のお祝い(77歳)

喜ぶの字の草書体が七十七と読めることから付けられた名で『喜の字の祝い』とも言う。

近親が喜の字を扇子に書いたり、座布団生地に染めて送る慣わしがあるらしい。

STEP4◇米寿のお祝い(88歳)

八・十・八を組み合わせると米の字になるというところから付けられた名で、『米(よね)の祝い』とも言う。

米の字を染めた座布団や、米の字をくずして紋に入れた和服などを送る。

STEP5◇卒寿のお祝い(90歳)

卒の俗字「卆」が九十と読めることから出来た名で『卒の祝い』とも言う。

STEP6◇白寿のお祝い(99歳)

白に一を加えると百になることからさらに長寿をという願いを込めて祝う。

まとめ

祖父母・ご両親のお誕生日の時にちょっと頭に入れておくといいですね。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ