一般的な病気見舞いの常識

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:686
  • ありがとう数:0

はじめに

知り合いが入院したと聞けば誰でも驚くもの。すぐにお見舞いに行って相手の病状を知りたいと思うのは人間として当たり前です。

付き合いの程度によって、以下のことを心得ておきましょう。

STEP1◇親しい人の場合

肉親・親しい人が病気になった場合、何をおいても見舞っておきたいものです。でも、どんなに親しい関係であろうとも、症状や家族の都合を考えて時機を選ぶ必要があります。
すぐに見舞えないときは、電話で病状を問い合わせるなどして、先に間接的に見舞っておきましょう。

STEP2◇義理のある人の場合

普段お世話になっている人が病気になった場合は何らかの形で見舞うことが礼儀です。
しかし、義理があってもそれほど親しくない人の場合は見舞いに行っても反対に相手に気を遣わせることになりかねません。直接出向くよりも、場合によっては見舞い状を添えて花束やちょっとしたものをデパート等から送ることがよいでしょう。

長引くような病気でなければ、回復してから全開祝いのお品を持って行くと反対に喜ばれます。

STEP3◇目上の人の場合

会社の上司など社会的にも目上の人が病気になった場合は直接お見舞いに行くこと。億劫がって見舞い状や見舞い品を届けるのは失礼。

見舞う前に家族に電話で病状を聞くのは失礼に当たるので、第三者に聞いてから出向くのが望ましい。
持参する品は花束や有名店のお菓子、果物が無難。

まとめ

間柄によってお見舞いに対してのちょっとの違いが出るので把握しておくといい。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ