舅・姑の心得とは

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1520
  • ありがとう数:0

はじめに

結婚をして新しい生活を始める。

その生活スタイルは、親との同居だったり旦那と2人きりの生活だったりと各家庭によって違うのは当たり前。

でもほとんどの家庭では、親夫婦と息子(娘)夫婦でのつながりが必ずあるはず。
どうしたら上手に息子(娘)夫婦と付き合っていけるのか。

ここでは息子夫婦と上手に付き合う舅・姑の心得についてです。もちろん、娘夫婦にも当てはまりますよ。

STEP1◇嫁の権利を認める

自分たちの若い頃と比べては絶対にいけません。嫁や婿の一挙一動をとって批判するなんてもってのほか。時代の流れを汲み取る柔軟な頭や心が必要です。

STEP2◇息子に愚痴をこぼさない

家庭は夫婦が中心となって営まれるものです。自分たちの思い通りにならないからといって息子に愚痴をこぼすのはいけません。自分の意見を言いたい時には、息子夫婦が2人そろっている時に言うこと。でも、決して押し付けてはいけません。

STEP3◇息子の世話は極力しないこと

結婚した息子の世話は嫁がします。嫁の世話の仕方が悪いといって、横から指図したり茶々を入れたりしてはいけません。

STEP4◇夫婦喧嘩に口を出さない

夫婦喧嘩をしている時に、舅・姑はどちらにも加担してはいけません。堪えず傍観者でいることが一番望ましいのです。夫婦喧嘩が始まったら、お孫さんを連れて遊びに行きましょう。

STEP5◇夫婦の生活に同調する

昔の生活を懐かしく思って自分のワガママを息子夫婦に押し付けないこと。息子も嫁も独立して一家を構えています。なので夫婦の生活に深く立ち入らないこと。

まとめ

元々、生活してきた状況が違うのですから100%ピッタリ合うことは難しいでしょう。だからこそ、相手を思いやる気持ちや相手の生活に深入りしすぎないことが大切なんです。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

必要なもの

老婆心をおさえること。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ