料理上手になるための、包丁の使い方

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

包丁をうまく使いこなすコツを覚えると、料理の見ためはもちろん食感や味もよくなります。

STEP1【さし身のさくの切り方】

 ①さくに対し包丁を垂直にあてる
 ②包丁を向こう側から手前に大きく引くようにして切る
  
 ※丼用はさくに対し包丁を斜めにあて向こう側から手前に引くように切る
 

STEP2【のり巻きの切り方】

 ①包丁をぬれぶきんやペーパータオルなどで拭いて湿らせる
 ②包丁を前後にゆっくり少しずつ動かしながら切る
 
【ロールケーキの切り方】

 ①包丁をお湯につけるか遠火などで温める
 ②包丁を前後に動かしながら切る 

STEP3【たまねぎのみじん切り】

 ①縦半分に切り、へただけ切り落とし、しんは残す
 ②縦になるべく細かく切り込みを入れ、横からも2~3ヵ所
  切り込みを入れる
 ③端からまっすぐ切り、しんのまわりは横に薄切りにしてから
  みじん切りにする

 ※たまねぎを冷蔵庫で冷やしてから切ると目にしみにくいです

STEP4【キャベツのせん切り】

 ①太いしんは取り除いて、葉を2~3枚重ねる
 ②なるべく小さくぐるぐる巻きにして、端から切る
 ③しんは薄切りにしてからずらして重ね、せん切りにする

 ※きゃべつはしんのまわりに切り込みを入れると、はがしやすくなります
  

STEP5【にんじんの乱切り】

 ①斜めに包丁の刃を入れて切る
 ②切り口が真上にくるように手前にころがす
 ③また斜めに切り、切り口が常に上になるようにんじんを
  回しながら切る

まとめ

野菜などの堅いものは押すように切りますが、肉などの柔らかいものは 引きながら切るのがポイントです。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ