歯のフロスの仕方

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

うまくやらないと歯茎を傷つけたり汚れが落ちなかったりです!

STEP1

まず、日本人に一番適しているフロスが糸タイプのものです!持ち手のついている物だと、かたすぎたり太すぎたりすることが多いようです。

STEP2まずハミガキを済ませましょう。

その後にフロスを、歯の間に入れましょう。

STEP3入れたら、両側から引っ張り合います。

糸のこのような要領です。

できたら、両側やりましょう。左の歯を重心にゴシゴシ、次は右の歯を重心にゴシゴシ。歯茎を痛めないように気をつけてください。

STEP4これを、週1~3回やるのがいちばんよいでしょう。

やりすぎると歯茎を痛めたりします。

まとめ

フロスは糸タイプのものを!
これが一番重要です。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

必要なもの

フロス

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ