アメリカ人を感心させることができる英語発音のコツ

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:4581
  • ありがとう数:0

はじめに

アメリカン・イングリッシュを正しく発音するには、ちょっとしたコツがあります。いくつかのポイントを意識するだけで、英語が通じるだけでなく、アメリカ人に感心されるでしょう。

STEP1<b>☆ ○○ing</b>

進行形の○○ing は最後まで発音しません。例えば going は「ゴーイン」と発音し、g は飲み込みます。同様に coming は「カミン」、doing は「ドゥーイン」です。

STEP2<b>☆ ○○n't</b>

否定形の○○n't も最後まで発音しないものがあります。doesn't の発音は「ダズン」となり、t は飲み込みます。 didn't や wouldn't は d から飲み込み始めます。

STEP3<b>☆ can と can't</b>

私達日本人はキャンとキャントと習っているこの2つ。肯定なの?否定なの?と英語圏の人に聞かれてしまうこともあると思います。実は発音が間違っているから「どっち?」となってしまうのです。 can't は「キャントゥ」ですが、can は「ケン」と発音します。そう、渡辺謙さんの下の名前と同じ発音です。

まとめ

上記のようなちょっとしたことを気をつけるだけで、英語がより伝わるようになります。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ