「指切りげんまん」という言葉の由来

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:497
  • ありがとう数:0

はじめに

「指切りげんまん、うそついたら…♪」
約束するときに言いますが、この言葉の由来はなんなのでしょう。

STEP1

これは昔の遊女がお客に小指を切って渡していたことに由来しているそうです。
遊女は嘘を交え、言葉巧みに客を誘惑するので、口約束では信用されません。
そこで誠意を見せるために行ったのが、「指を切り落とす」ことです。

「げんまん」とは、げんこつ一万回のことなので、
「嘘をついたら(約束を破ったら)一万回殴って針千本飲ませるから!」
という意味になります。
なんとも恐ろしい、指切りげんまん…

STEP2

ちなみに、遊女には「指を切る」以外にも、誠意を示す行動があったようです。

◎「○○様命」と客の名前を入れ墨にする
◎髪を切って渡す
◎爪を剥いで渡す
などです。
渡された方もびっくりしますよね。

STEP3しかし、実際にするということは少なかったそうです。

蝋や米粉を細工した指を渡したり、死体の指を買って渡したり、
他の遊女の長くなった爪を切って、爪を剥いだように見せかけたりしていたようです。
入れ墨も偽物の場合も多く、簡単に落とすことができたそうです。

遊女が客を逃がさないためのテクニックのひとつで、「心中立て」と呼ばれていたそうです。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ